5月 192013
 

ポリ袋料理に必要な準備物【鍋・皿】
《鍋》
アウトドアでは、火力は薪や炭、ガスバーナーコンロやカセットコンロなど様々。鍋もコッフェル、クッカーセット、キャンプ用鍋、家庭用鍋、飯ごうなど考えられます。飯ごうの場合、携帯に便利ですが、薪で調理した場合、側面にも火が回り、ポリ袋と飯ごうとを直接触れないようにする皿なども入らないので、対象から外します。
《皿》
アウトドアでは家庭で調理するときのような適当な大きさの皿はないでしょうから、それに代わるものとしてアルミ食器セットの食器を利用。熱伝導率がよいので、ポリ袋に影響がないか心配なので、またまた実験。

鍋にはステンレスのクッカーセットの鍋を使用し、皿代わりにアルミ食器、赤外線放射温度計を用意。
調理は、スパゲッティ半人前の50gを半分に折り、水1カップ(200cc)と塩少々と一緒にポリ袋に入れて調理。
約7〜8分の湯煎している間の鍋やアルミ食器の温度を計測しましたが、鍋の底の部分の外部温度は100℃は越えていますが、側面部分は60〜70℃ほど。アルミ食器もお湯の温度を超えることはなく、鍋から取り出してすぐ計ってみても鍋の側面と同じくらいの温度に下がっており、その熱伝導率の良さでポリ袋に影響が出るような高温になることはないようです。
スパゲティもちょうどいいアルデンテででき上がり、美味しく頂きました。

放射温度計 スパゲティ料理