1月 222019
 

《アジア太平洋地域》27カ国、30,185,383人

(2018)

  日本語表記 スカウト人口 国 名(サイトにリンク)
1 オーストラリア 68,350 Australia
2 バングラデシュ 1,112,293 Bangladesh
3 ブータン 24,496 Bhutan
4 ブルネイ・ダルサラーム 2,534 Brunei Darussalam
5 カンボジア 16,608 Cambodia
6 フィジー 10,175 Fiji
7 香港 66,841 Hong Kong
8 インド 3,647,843 India
9 インドネシア 21,599,748 Indonesia
10 日本 104,086 Japan
11 キリバス 1,186 Kiribati
12 韓国 149,356 Korea
13 マカオ ****** Macao
14 マレーシア 65,944 Malaysia
15 モルディブ 1,508 Maldives
16 モンゴル 10,445 Mongolia
17 ミャンマー ****** Myanmar
18 ネパール 20,838 Nepal
19 ニュージーランド 18,440 New Zealand
20 パキスタン 525,365 Pakistan
21 パプアニューギニア 4,955 Papua New Guinea
22 フィリピン 1,934,255 Philippines
23 シンガポール 11,380 Singapore
24 スリランカ 37,737 Sri Lanka
25 台湾 53,203 Taiwan (The Republic of China)
26 タイ 697,797 Thailand
27 東ティモール ****** Timor-Leste

スカウト人口はSCOUTING 2019/1 No.729より(日本のみ更新)
※人数は、世界スカウト機構(WOSM)の最終更新(2014年12月)に準ずる
日本は2017年度末時点
※最終更新以降の加盟国は人数未集計
※国名はアルファベット順

1月 202019
 

手旗信号「ネ」、第9原画「フ」と第2原画「I」と第1原画「ー」の組み合わせでカタカナの「ネ」を表現します。
「ネ」はそのままでは画数が多いので、漢字の「子」(ね)で表現。
漢字を使うのは「ス」(寸)と「ネ」(子)だけなので一緒に覚えておくとよい。
印刷用イラスト(TIFF形式)

手旗信号 ネ

手旗信号 ネ

1月 192019
 

手旗信号「ヌ」、第9原画「フ」と第4原画「乀」の組み合わせでカタカナの「ヌ」を表現します。
読み取りで「ス」と間違えやすいので注意。(スは寸)
組み合わせで第4原画を使うのは「ヌ」と「ヤ」だけなので一緒に覚えましょう。
印刷用イラスト(TIFF形式)

手旗信号 ヌ

手旗信号 ヌ