9月 032013
 

現在ではGPSやGPSを搭載したスマホもあり、位置を経度、緯度で確認することは可能ですが、ボーイスカウトでは2万5千分1地形図に座標線(方眼)を引き、位置の指定は6桁の座標、ベンチャー以上で必要であれば8桁の座標で表します。

座標
1)地図の左下を基点とし、縦横に2cm間隔で青線を引きます
2)基点より、縦横それぞれに01、02…09、10…と数字を記入

座標
3)座標定規などを使って、2cm間隔(500m)のマス目をさらに10等分して座標を読みます
・見本の石切山の三角点の場合、地図に記入した座標は横06、縦02
・座標定規を使って10等分した座標は横2、縦4
座標は横縦の順に表し、横062、縦024、座標としては062024となります
4)8桁読みの場合は、線上近くなら0、線と線の間のマス目なら5ともう1桁ずつ追加します
・石切山の三角点の場合なら、06250245となります

9月 022013
 

座標定規、地図記号の資料のために久しぶりに2万5千分1地形図を購入(270円・3色・460mm×580mm)
昔は地図と言えば、2万5千分1地形図を購入していたものですが、ここ10数年はパソコンの地図や国土地理院の「ウォッちず」、Google mapなどを利用していて紙の地図からは遠ざかっていました。
久しぶりの2万5千分1地形図は図式(平成14年図式)も変わっていて、地図の部分が広く、地図記号の部分は資料としては使いにくい横に細長くなっています。
使用されているフォントも以前のものはモリサワの新ゴを使用していて見やすかったのですが、どういうわけかMSゴシックが使用されていて、読めたらいいレベルになっています。紙が最終形態でない今の状況下では、どのパソコンでも同じように表示されることに意味があるのでしょう。

2万5千分1地形図

地形図には、座標の線(青色)と磁北線(赤色)を記入。

8月 172013
 

少し見にくくなりますが、1/25,000と1/50,000の縮尺兼用の座標定規を作成。目盛りの太さに差異をつけて少しでも見やすくしようとしていますが、プリンタの解像度によっては差異は出ないかもしれません。
私自身は、イメージセッターという出力機を使用。
ダウンロード>>座標定規(PDFのページが開きます)

座標定規

8月 142013
 

地図を読むのに使う座標定規、1/25000の縮尺用のものを作成。
ハガキサイズのPDFにしていますので、拡大縮小せずに原寸でフィルム用紙や透明シール用紙に印刷し、そのまま使うか、あるいは透明な下敷きやプラバンなどに貼ってお使いください。
ダウンロード>>座標定規(PDFのページが開きます)
(2013年09月05日改訂版 座標定規

座標定規

8月 042013
 

スカウト章のパーツを組み合わせて、学習しながら完成させます。日本古代の鏡はゆりの花弁の中に入れるので、イラストの線の際が切り取り線となります。実際には使うことも少ないでしょうが、とりあえず資料として掲載。
ダウンロード>>スカウト章パーツ(PDFのページが開きます)

スカウト章 学習用