12月 302013
 

やまびこ広場からつつじの小路、らくようの路を経由し、ピトンの小屋までの行程の写真。
「らくようの路は園地の中で最も難易度の高い登山道です。小学生以下の同伴は危険ですので避けてください。」との看板もあるほど、急な下りの階段の連続で滑落には注意しないといけません。
■ご注意を
・急峻な岩場が多く、路から外れると転落の危険があります。
・路からは絶対に、外れないよう通行してください。
・幼児及び児童の同行はしないでください。
□情報です。
・ほしだ園地で一番の難コースです。
・春にはシロバナウンゼンツツジの群生が咲きます。

撮影日:2013年12月

12月 282013
 

やまびこ広場からほしだ園地管理道を通り、こもれびの路、まつかぜの路を経由し、再びやまびこ広場に戻ってくる行程の写真。
・高低差はさほど無く山の中を歩くハイキングコース、聞こえるのは鳥のさえずりのみで、森林浴を楽しめる。
・まつかぜの路では「かえる石」という巨石があり、石の上で写真を撮られているハイカーもいました。

撮影日:2013年12月

12月 262013
 

わんぱく広場からさえずりの路、つつじの小路を経由して、展望デッキ、やまびこ広場への行程の写真。
・わんぱく広場からさえずりの路までは川沿いを歩きますが、川に降りると遊べる場所や足冷やし場(水辺のベンチ)があり、夏場などは清涼ポイントとなります。
・さえずりの路は比較的緩やかな上り坂が続き、つつじの小路はハードな急坂となります。しかし、途中、星のブランコを望める景色やヤッホーポイントなどつつじの小路を選択する良い点もあります。
・展望デッキからは比叡山から北摂連山までを一望できる大パノラマを楽しむことができます。

撮影日:2013年12月

12月 242013
 

吊り橋「星のブランコ」からピトンの小屋、わんぱく広場への道の写真。
・高低差があり、下から上がってくる登りの道は少々大変ですが、吊り橋の下をくぐるので、吊り橋の高さを実感することができます。

撮影日:2013年12月

12月 232013
 

ほしだ園地内で一番広い広場、多人数の団体で活動するのにも使えます。
・平成9年のなみはや国体の登はん会場となった16.5mのクライミングウォールがあり、その場所は柵がされており、申込者のみ使用ができます。その横にはプチクライミングウォールがあり、パパ・ママコース、ちびっこコースを選んで挑戦ができます。

撮影日:2013年12月