3月 032015
 
読 図 C2
1 地図種類 地図の種類のうち主なものを3つ以上挙げて、その特徴と利用方法を説明する。
2 16方位 16方位と方位角の呼び方を覚え、コンパスで進路を発見する。
3 地形図作業 2万5千分の1の地形図を用いて次のことをする。
①図上に示された2つの地点の間の ア. 方位角 イ. 直線距離 ウ. 標高差 エ. 道路にそった歩行距離を読む。
②真北と磁北の違いを説明する。
③500mごとの方眼を正確に書き入れた地形図により、6けたの座標読みを行い、示された地点に到達する。
4 三角点他 三角点・水準点・標高点・等高線とは何かを知り、三角点または水準点の標石を発見する。
5 地形図記号 地形図上に示された10個以上の地形図記号により、現地の地点・地物を実際に見つける。
6 現在地発見 目標物から地図上の自分の現在地を発見する。

印刷用イラスト(TIFF形式)

ターゲットバッジ 読図