10月 102013
 

昨晩、10月09日のNHK「ためしてガッテン」で1分間で茹で上げるパスタというのをやっていました。時間短縮、エコ料理はアウトドアにうってつけです。これをポリ袋料理と合体すればと早速調理。
通常パスタは、100gを茹でるのにはその10倍の水を必要とします。
ポリ袋料理の場合、パスタと一緒にポリ袋に入れる水の量は4倍ほど、茹でる水はポリ袋が浸かるほど必要です。

《材料》 太さ1.7mmのパスタ100g・水300ml

《水に浸す》(塩は入れません)
・ポリ袋に半分に折ったパスタと水を入れ1.7mmの太さの場合、約1時間30分浸します
・水に浸すことによりパスタの芯まで水が含まれ、熱が伝わりやすくなり短時間で茹で上がるとのこと
・浸してから40分後は、パスタを曲げると折れる状態です
・浸してから1時間後には、写真のように曲線を描き折れることはありません
ポリ袋料理 パスタポリ袋料理 パスタ

《茹でる》
・番組ではここで沸騰したお湯に1分茹でて食べられるようになっていました
・ポリ袋に入れたパスタは水を吸って水の量も少な目でしたが、このままポリ袋ごと沸騰したお湯に投入
・直接お湯に触れないので、ポリ袋の中の水がお湯に変わってから茹で始まることになるので、時間が多少長くなります
・参考までに通常のポリ袋料理ではパスタの茹で時間はポリ袋にお湯を入れて茹でて、レシピの茹で時間+2分とあります
・今回の場合、レシピの茹で時間の半分強で茹で上がりました

《結果》
・ポリ袋料理の場合、通常パスタ100gに対して水400ml必要
・今回、水300mlのまま茹でたので、茹で上がった時はほとんどポリ袋の中の水はなくなっていたので、茹でる時間も長くなったのと、茹で上がったパスタがやや粉っぽい
・追加の水またはお湯を入れる方がよい
・茹でる時間は通常のポリ袋料理の半分くらいででき、時間短縮
ポリ袋料理 パスタポリ袋料理 パスタ