2月 162016
 

料理名:アイスクリーム

調理方法 ①フタ付きの計量カップがあればその中に牛乳、ホイップ、砂糖、バニラエッセンスを一緒に入れシェイクする
(通常の計量カップの場合は③で冷凍保存袋(小)に入れてから多めにシェイクする)
②冷凍保存袋(小)に材料を入れ、空気入れのノズルの先が入るくらいのスペースを空けてチャックを閉め、袋に材料の量以上の空気を入れチャックを完全に閉じる
③材料の漏れがないかチェックし、空気が混ざる様にシェイクする
(空気を混ぜることによってなめらかな仕上がりとなる)
④冷凍保存袋(大)の方に事前に集めた雪を袋半分くらい入れ、塩を振りかける
⑤冷凍保存袋(大)の中にさきほどの冷凍保存袋(小)を入れ、チャックを閉じて袋を両手で持って軽く振り続ける
⑥次第に雪が少しずつ解けて(小)の袋の内側にアイスクリームが固まり始める
⑦中のアイスクリームが固まったら(15分ほど)、雪はバケツに捨ててアイスクリームはスプーンで紙コップにかき出し、使用済みのビニール袋は感謝をしてゴミ袋に集める
⑧アイスコーンがある場合はコーンにアイスを盛り付けトッピングなどをしたり、なければ紙コップのまま美味しく頂く
備  考 雪と塩の割合は3:1くらいでそれを目安に雪を入れる
混ざると−20℃くらいまで温度が下がるので袋を持つ手にはスキー用手袋や軍手をしておく
塩が少ないと固まりにくい
応  用 そのままでも自分で作ったので十分美味しいが、ココアを入れたりジャムを入れたり工夫してもよい
評  価 スキーの夜プログラムとして雪のある現地でしかできない楽しく美味しい企画

●材料全部とほぼひと組分のセット
準備物 全部準備物 1組分
●計量し冷凍保存袋(小)に協力して流し入れる
計量袋入れ
●空気を入れて漏れのない様にチャックを閉じる
空気入れ材料計量完了
●冷凍保存袋(大)にこのくらい入れる(計量で592g)
雪採取雪の重さ
●雪:塩=600g:200g(3:1)の中に冷凍保存袋(小)を入れ軽く振り続ける
シェイク完成
●紙コップに取り分けて食べたり、コーンに盛り付けて頂く
ice_cream12出来上がり

 投稿: on 2016年2月16日