9月 252013
 

海賊帽の型紙、いろいろ試行錯誤しまして、A4インクジェットプリンタでも出力できるようにレイアウト。(帽子サイズはLサイズです)
・A4インクジェットでバナー用紙やロール紙、長尺プリントなどに対応しているプリンタであれば、210×480mmの用紙をご用意頂き、プリントアウトしてください。
・レザープリンタや長尺に対応していないプリンタはA4用紙2枚に分割したパターンの方を出力後、つなぎ合わせてください。
(※プリム部の真ん中の長い直線はつなぎ合わせるための当たりの線で切り取り線ではありません)

ダウンロード>>
1)プリム部長尺パターン
  プリム部A4分割①パターン A4分割②パターン
2)クラウン部
(PDFのページが開きます)

海賊帽 型紙海賊帽 型紙

9月 212013
 

6)型紙の線に沿って縫っていきます。
7)プリム(ひさし部分)の縫い代はアイロンで割って(広げて)から外周を縫います。(内周はまだ縫いません)
海賊帽 ミシン海賊帽 プリム
8)クラウン(頭が入る部分)は曲線も多く立体的なので縫いにくいですが、ミシンの押さえを上げ下げし、角度を調整しながら縫います。縫い終わると縫い合わせた縫い代の部分をトップの方に向けてアイロンで折ります。
9)表裏をひっくり返して形を整えます。
海賊帽 クラウン海賊帽 クラウン
10)プリムの外周の縫い代に、約2〜3cm間隔で切れ目を入れて、アイロンで帽子の下側になる布地の方に折っていきます。
11)プリムの表裏をひっくり返します。
海賊帽 プリム海賊帽 プリム
12)プリムの外周部分は、太く浮いたような感じになりますので、外周に沿って5mmほど内側にステッチをかけます。(布の際を縫います)
13)プリムとクラウンの部分をまち針で仮止めし、ミシンで縫います。
海賊帽 ステッチ海賊帽 仮止め
14)プリムとクラウンの接合部分は布地が幾重にも重なって見た目にも良くなく、被りにくいのでリボン布をつけ、内側に折り込みます。(写真は仮として手元にあった綿平織りテープを使っています)
15)ミシンを使う作業はここまでで終了。
海賊帽 リボン海賊帽
16)トリコーン(三角帽子)の形にするために前1箇所、後ろ2箇所、縫い止めます。それぞれの縫い合わせる位置によって、帽子の形も微妙に変わります。
17)完成です。
海賊帽海賊帽
18)海賊帽の型紙のサイズは大人向けのLサイズ大きさになっています。最後に女性が被った場合とやや頭が大きい男性が被った場合の写真を掲載しておきます。
海賊帽海賊帽
海賊帽海賊帽

9月 202013
 

4)部品同士の合わせ目印を合わせて、裏側からまち針で仮止めをします。その際は少々面倒ですが、ミシンで縫ったときにずれないように、2cm間隔くらいでまち針をさしておいた方がいいでしょう。
5)完成後、帽子の形がしっかり保てるように、この段階で接着芯を布地に貼り合わせておきます。私は、プリムの上になる方の黄色の布地に貼り合わせました。

海賊帽の型紙、必要最低限の部品の原寸をA3サイズの中に収めてみました。普通にプリントアウトすると縁が切れてしまうかもしれませんが、その時は書き足してください。(^_^;)

海賊帽 仮止め海賊帽 仮止め
ダウンロード>>海賊帽型紙A3(PDFのページが開きます)
海賊帽型紙

9月 192013
 

海賊帽の型紙、A4プリンタで印刷してコンビニのA3コピー機で拡大できるように、25%に縮小してA4サイズに収めたものを掲載。元に戻すには4倍にする必要があります。
1)型紙の縫い代は1cmで、それぞれのパーツ同士が縫い合わせしやすいように縫い代に中心などの目印をつけています。
2)一般的なやり方では、外側の縫い代ではなく内側のパターンの線で型紙を切り取り、布地にチャコペンなどで型紙の縁をなぞりパターンを写します。その後、型紙の端から1cmの縫い代を付けたし断裁線を描きます。
3)部品同士を合わせる目印の線も描いておきます。

布地は結構の大きさが必要で、手持ちの布では同色で揃えられなかったので、プリム部分(帽子の縁)を表裏で色を変えました。

海賊帽布地海賊帽布地
ダウンロード>>海賊帽型紙A4(PDFのページが開きます)
海賊帽型紙

9月 182013
 

前回は型紙をプリンタで出力し継ぎ合わせて布地を切り抜いていましたが、今回は型紙にズレがないか検証の見本作りのため、プロッタという作図機で布地に直接描画。型紙は原寸(1200mm×600mm)をPDF形式にしています。Acrobatには分割して出力する機能がありますが、結構の枚数の出力になり、継ぎ合わせも大変かも。

海賊帽CAD海賊帽CAD
ダウンロード>>海賊帽型紙(PDFのページが開きます)
海賊帽型紙