7月 212014
 

本日作成したカンバッジ、ビーバー隊舎営用とカブ隊舎営用。楽しい舎営になりますよう願いを込めて作成。(^_^)v

ビーバー舎営カンバッジカブ舎営カンバッジ

7月 012014
 

これからの季節、太陽の光は日射病や熱中症などの対策が必要ですが、今の季節だからこそ太陽の光を使っての活動もできます。以前は手作りもしていましたが、太陽の光を使ってのダンボール製のソーラークッカーが販売されています。3年ほども前の9月に実験した際は、1時間ほどで82度まで水温が上昇しました。飯盒の蓋を開けた状態での実験でしたので、密封した状態では80分ほどで100度まで上がるそうです(メーカー実験)
値段も手頃なので、子どもたちの興味付けに如何でしょうか。手軽にできるミニも販売されています。

エコソーラークッカー
http://www.bestcarton.com/cardboard/box/0131.html
エコソーラークッカーミニ
http://www.bestcarton.com/cardboard/box/0168.html

エコソーラークッカーエコソーラークッカー

 投稿: on 2014年7月1日
6月 232014
 

バンダナの後ろをまとめ上げるバンダナ留めの作り方です。
《作り方》
バンダナ 1
①切り取ったバンダナを裏返しで二つ折りにする。

バンダナ 2
②長辺の片方を縫い、袋状にする。

バンダナ 3
③袋状に縫い上げた布を裏返し、平ゴムを中に入れる。

バンダナ 4
④中に入れた平ゴムの端と布の端を合わせて、二重に縫い留める。

バンダナ 5
⑤布を縮めてたぐり寄せ、平ゴムと布のもう片方も同様に二重に縫い留める。

バンダナ 6・7
⑥縫い留めた端同士を合わせて縫い留める。
⑦布を裏返して縫い目を内側に入れる。

バンダナ留め取付結び上げ
⑧バンダナ本体の平ゴムが出てくる部分に縫い付ける。
⑨バンダナの後ろ部分をバンダナ留めの中に通し、絞り上げて頭にきれいに密着させ出来上がり。

6月 222014
 

バンダナ留め
出来上がったバンダナをそのまま被っても頭全体をきれいに覆うことができないので、髪型のポニーテールのように後ろ(赤丸の部分)をまとめて留める必要があります。

布紐髪留め
・紐の場合は一人で留めることが少し難しい上に、バンダナで頭をきれいに覆うように結び絞ることもむずかしい。
・髪留め用のゴムなどを利用するのもいいですが、無くさないようにバンダナと同じ生地で専用のバンダナ留めを作成します。

《材料》
●バンダナ留め
①バンダナ(18cm×6cmカット)
 バンダナ1枚で18枚取れます。
②平ゴム(10cm×2cm)

バンダナ留め

6月 212014
 

《作り方》
海賊帽 作り方1・2
①バンダナを裏返し、下部センターに縫い代を残して接着芯をアイロン掛けして接着し、平ゴムを接着芯の横に配置する。この時に接着芯と重なるように置けば、少し段差はつくがゴムを縫い留める時に強度が増す。
②接着芯と平ゴムを筒状に巻き込んで縫い留める。

海賊帽 作り方3
③ゴムを留める部分は二重に縫い留める。接着芯と平ゴムを重ねている場合は、その部分をしっかり留める。

海賊帽 作り方4・5
④バンダナの裏側が内になるように筒状にする。
⑤平ゴムの端をもう片方に差し込んで先ほどと同様に縫い留める。