6月 222017
 

幼き頃に駄菓子屋さんで買った絵合わせパズルをスカウトのイラストで再現。
組集会や隊集会のゲームとして、体験入隊や交歓会でのプレゼントとしても使えます。

ダウンロード>>友だちパズル(PDFのページが開きます)
友だちパズル表友だちパズル裏

【作り方】
・A4用紙に「友だちパズル」をなるべくずれないように両面印刷する
・外側のきりとりせんにそってパズルを切り取る
・格子状のおりせんに沿ってていねいに折り目を入れる
 ※両方向に曲げられるように山折り谷折りにする
・パズルを平らにして内側のきりとりせんで切り取り、四角の輪にしてできあがり

【あそび方】
・パズルをタテ2マス、ヨコ2マスに折りたたんで同じ絵がそろうようにします
・スカウトの顔はぜんぶで6種類あり、絵によって難易度がちがいます

6月 072017
 

送付の関係でまだ印面と持ち手はバラしたままですが、出来上がったスタンプ。
4cmと3cmのサイズですが、こんなにも大きさが違います。
3cmの方は以前にも掲載した100均のダイソーで購入できる木片に天押ししたもの。
(この分は東急ハンズで購入したもので、木の種類によって1個30円〜100円で昔売られていました)
赤の持ち手はネットで在庫処分をしていたものを大量購入(^_^;)

スタンプ

5月 252017
 

絵柄入り風船、簡単にできないかチャレンジ。

準備捺印
①用意したものは手元にあった風船、3センチ角のスタンプ、ステイズオンというインクパッド。このインクは素材を選ばずにいろいろなものに押せます
②ふくらませる前の風船にそのまま押してみました

青風船赤風船
③ふくらませると絵柄が薄くなっていきます
④ヨーヨーくらいの大きさまでなら行けそうですが、赤青どちらも大きくふくらましてしまいました(^_^;)

スタンプ直接スタンプ
⑤それではと大きめのスタンプ(印面7cm×5cm)を用意
⑥ふくらました状態の風船に直接スタンプ

《結果》
・たくさんの数を必要としない場合、ふくらました状態でスタンプするこの方法は使えます。
・大きめのスタンプはケシゴムスタンプで作ったり、クリアファイルを切ってステンシルにし、インクパッドを直接スタンプする方法などもあります。
・たくさん必要とする場合は業者が良いでしょうが、風船は保存の仕方により劣化しますので、何年にも分けて使うというのは少し難しいかもしれません。

 投稿: on 2017年5月25日
5月 122017
 

体験入隊やビーバーまつりで名札代わりに使えるビーバーのお面クラフト。
A4サイズの厚紙(180Kくらい)に印刷して作ります。
ビーバーが持っているプレート部分に名前を書き、お面を付けることで参加者かどうかも一目瞭然。

・用意するものはこの用紙に、両面テープ、ホッチキス、輪ゴム、ハサミに名前を書くための油性のマーカーペンです。輪ゴムは100均でカラー輪ゴムが売っているので、それを使うとより楽しくなるかな。
・ホッチキスの針はケガをしないように針先が外側になるように留めて、針先部分にもセロハンテープを貼れば、なお安心です。
・輪ゴムは2本を繋いで使用すればほとんど方に対応出来ます。
頭が小さな幼児には1本でも十分かもしれません。見本用に両方を作り、その場所でどちらがいいか調べるのもいいでしょう。

・名前以外にもゲーム用の文字を入れておけば交流会などで文字集めゲームにも使えます。
・帯の部分には「ボーイスカウトに入ろう!!」や所属地区名を入れていますが、必要に応じてカスタマイズも可能です。
ダウンロード>>ビーバーお面クラフト(PDFのページが開きます)

ビーバーお面クラフト

4月 262017
 

スカウトこいのぼりのペーパークラフトの完成図。
兵庫連盟阪神さくら地区様がこの土曜日に地区体験会でお土産に配布されるということで、作り方が間に合いませんので、せめて完成図だけでも(^_^;)
印刷用イラスト(TIFF形式)

こいのぼり完成図

配布用にペーパークラフトの文言もカスタマイズ。

阪神さくら地区

《作り方》
①グレーの線に沿ってハサミやカッターで切り抜く。
 ・歯が細身のデザインカッターだと尾びれの部分などは切りやすい。
②吹き流しは5色の色が隣り合う部分にも切り込み線があるので、線通りに色の途中までひらひらになるように切り込みを入れる。
③スカウトこいのぼりと吹き流しの「のりしろ」部分とスカウトのネッカチーフの部分にものりを付け貼り合わせる。
・速乾の強力スティックのりを使うと作業がしやすい。
④指やペンを使って吹き流しは筒状に、こいのぼりはふくらみが出るように形を整える。
⑤こいのぼりの口の部分に付けるロープを貼り付け、わりばしに挟み込む。
・この際にわりばしに挟み込まれる部分にのりを付けるとこいのぼりがしっかり固定される。
⑥わりばしの先の部分をのりで固定し、こいのぼりがずれないようにし、その後スカウトマークの下半分にのりを付け、わりばしの先に貼り付ける。
⑦最後に再度こいのぼりをお腹の中をふくらませるようにして形を整えると出来上がり。